看護師の給料について知ろう

看護師の給料について知ろう
LINEで送る

看護師の平均年収

看護師は他の仕事をしている同年代の給料と比べて高い給料をもらっている傾向にあります。看護師も職場によって給料が変わってきますので一概にまとめることはできませんが、平均月収が30万円程度に加えてボーナスが年2回の50万円から100万円程度で平均年収は450万円ほどが相場となっています。
看護師の年収は400万円から600万円の間に集中し、一般的な女性の平均年収よりも高い年収となっています。しかし体力的にも精神的にも厳しい仕事ですし、何より国家資格を取得しなければ働けないということも加味して考えると、一概に高い給料だと判断することが難しい側面もあります。

給料の詳細

看護師の給与明細を詳しく見ていけばわかりますが、基本給は実は他の仕事よりも特別高いわけではありません。看護師の給料が他の仕事と比べて高くなる理由は夜勤手当などの手当が存在するからです。看護師の仕事には主に夜勤手当と休日手当の2つがあります。夜勤手当は多い時には3万円以上つくこともあるため、その分がプラスされて給料が高くなっています。休日手当は昼間の勤務でも日祝に勤務すると発生します。
看護師の給料が高いと言われている要因には大きくこの2つの手当が関わっていると言えます。逆に考えれば夜勤のない病院やクリニックなどで働くと、他の仕事と比べて少し高い程度の給料になることが多くなります。これも職場によって異なりますが、概ね夜勤手当やその他手当が見込めない働き方では特に給料が高いと感じることも少ないです。
ではこれらの給料がどのように決定されているのかという点ですが、国立病院機構の病院に勤めた場合には国家公務員に適用される医療職俸給表に基づいて決められます。他の民間の病院等でも同じくこれに準じて給料の基本を考えているところが多くなっています。

年代別給料

では次に看護師の給料を年代別でご紹介していきます。看護師も他の職場と同様に経験を積み、役職が上がってキャリアアップすることによって給料が高くなっていきます。そのため専門学校を卒業して資格を取り働き始める人が多い20代前半が月の平均給与は最も低くなっています。20代前半の給料は概ね30万円弱が平均となっています。
経験を積んで役職が上がり始める人が多い30代後半には月の平均給与は35万円を超しています。働き始める人が多い20代前半から月の平均給与が5万円ほど伸びていることがわかります。これらの月の平均給与は基本給だけではなく、残業手当や夜勤手当が加わっています。そのため年代別ではありますが多く残業をして多く夜勤回数をこなしている月は、20代前半でも平均給与よりも高い給与を受け取れる月もあります。

page_top