地域ごとの年収相場を見てみよう

地域ごとの年収相場を見てみよう
LINEで送る

北海道・東北地方

北海道を含めた東北地方の平均年収ですが、正看護師では宮城県が最も高い平均年収となり、准看護師が福島県となっています。正看護師と准看護師共に平均年収が最も低いのは青森県となっています。最も高い宮城県の正看護師の平均年収と最も低い青森県の正看護師の平均年収の差額は80万円程度となっており、そこまで大きな差があるというわけではありません。

関東地方

関東地方は正看護師と准看護師共に他の地方よりも平均年収差がとても高くなっています。正看護師も准看護師でも最も平均年収が高い都道府県である東京都があります。そのため関東地方の最も低い平均年収の都道府県と比べて大きな差があります。正看護師の最も平均年収の低い県が千葉県で、東京都の正看護師の平均年収と比べると100万円程度の差があります。准看護師は群馬県が最も平均年収が低く、東京都と比べると180万円もの差があります。

甲信越・北陸地方

甲信越・北陸地方の平均年収が最も高いのは正看護師が福井県となっており、准看護師が長野県となっています。一番低い平均年収となっているのは正看護師と准看護師共に富山県です。正看護師の福井県と富山県の差は30万円程度ですが、准看護師の平均年収は長野県と富山県で100万円の差があります。長野県は准看護師の年収が全国4位ということもあり、差が大きくなっていることがわかります。

東海地方

東海地方で平均年収が最も高いのは正看護師で三重県、准看護師では静岡県となっています。正看護師は三重県と静岡県の差はほとんどありませんので、静岡県は東海地方の中で正看護師と准看護師共に高い平均年収であることがわかります。平均年収が最も低いのは正看護師で岐阜県、准看護師で三重県となっています。三重県は正看護師と准看護師で平均年収80万円と大きな差があることがわかります。

関西地方

関西地方で正看護師の最も平均年収が高いのは大阪府で、准看護師が兵庫県となっています。最も低い平均年収となっているのは正看護師と准看護師共に滋賀県で、それぞれ最も高い平均年収との差額は正看護師で150万円、准看護師で120万円と大きな差が出ていることがわかります。

中国・四国地方

中国・四国地方で最も平均年収が高いのは正看護師で岡山県となっており、准看護師で鳥取県となっています。最も平均年収が低いのは正看護師が鳥取県で、准看護師は高知県です。そのため鳥取県は正看護師と准看護師で平均年収にあまり大きな差がないことがわかります。

九州・沖縄地方

九州・沖縄地方で最も平均年収が高いのは正看護師で福岡県となっており、准看護師が沖縄県となっています。最も平均年収が低いのは正看護師で熊本県、准看護師で佐賀県となっています。佐賀県の准看護師の平均年収は都道府県の中で最も低くなっています。

page_top