転職時に給与交渉を成功させるコツ

転職時に給与交渉を成功させるコツ
LINEで送る

給与交渉のポイント

転職の際に給与交渉をして年収を上げてもらうというのは、周囲に実践している人も少ないということもありどうしても気が引けます。切り出すタイミングも切り出し方も難しいですし、そのタイミングによっては企業側に良いイメージを持たれず採用されないという可能性もあります。そのため給与交渉をする際には給与交渉のポイントをしっかりと押さえて実践しましょう。給与交渉のポイントで押さえるべきは3つです。

自己分析と市場の把握

1つ目のポイントとなるのが転職市場における自分の価値を冷静に分析することです。採用する側の企業の本音はより良い人材をより安く採用することです。
そのため他の病院から転職をする際には即戦力として期待できるスキルを持ち、仕事をスムーズに回してくれることが期待できるならば転職前よりも高い給与を希望しても問題ありません。しかしまだ新人看護師に近い状態からの転職であれば、一人前になるまでの教育コストなども考えてあまり転職前の給与より高い給与は出したくないというのが採用側の本音となります。自分の転職市場における価値はどの程度なのかを考えて交渉することがポイントです。

切り出すタイミング

2つ目のポイントとなるのが給与交渉を切り出すタイミングです。書類選考を通過してからの一次面接においていきなり給与交渉をするというのは、採用する側に悪い印象を与えることはあっても良い印象を与えることはありません。
しかし給与交渉は当然の権利でもありますので転職の面接では給与交渉を前提としているケースばかりと言えます。そのため面接官の方から希望する給与について聞いてくれることが多いので、自分から切り出すのではなく相手から切り出してくれることを待つ方が無難です。しかし切り出されることがない場合もありますので、最終面接まで給与交渉の場がなければ最後に自分から切り出すのが最も良いタイミングとなります。

提示する方法は丁寧に

3つ目のポイントとして給与交渉の交渉金額は提示する方法を丁寧に考えることです。考えておきたいこととして穏便で適切な言葉の使用となります。一人前の仕事ができない状態にも関わらず給与を高くしてくださいと強調してしまえば、面接官としては給与の対価として釣り合わないと考えるはずです。そのためまだ一人前になっていないという状態であれば、生活面を考えて以前と同じ給与を希望するという伝え方や、将来的にこのような資格を取って貢献したいといった将来に自分の見込みを伝えることが適切になります。

page_top