給与をUPさせるには?

給与をUPさせるには?
LINEで送る

看護師の給与UPの方法は大きく2つ

看護師の給与UPを狙うのであれば、その方法は大きく2つあります。1つ目が資格を取得してキャリアアップや資格手当によって給与を上げる方法になります。そして2つ目が転職をして給与が高いところで働く方法になります。資格による給与UPの方法と転職による給与UPの方法をそれぞれ解説していきます。

資格によって給与を上げる

資格を取得することはスキルアップにもつながり、年収UPも期待できます。看護師の中でもさらに専門性の高い知識を持っていると認められる資格として、専門看護師と認定看護師の2つがあります。専門看護師の手当は概ね月1万円程度、認定看護師は9500円度となります。
資格を取得して給与UPを狙う方法は、長く働き続けキャリアアップも考えていくなかで王道の方法と言えます。しかし医療機関によっては資格手当がないということも珍しいことではありません。実際の数字として資格手当を払っているのはおよそ50%以下となっており、賃金表上では資格を評価していない病院が現在は多いと言えます。

転職による給与UP

看護師は公務員に近い職種ですが、概ね同じような給料で働けるわけではなく、病院や地域によってかなり差があります。そのため転職で高い報酬を出してくれる医療機関で働くことや、平均年収の高い地域で働くことがそのまま給与UPにつながります。そしてこれは資格を取得するために勉強をする必要も資格取得の費用、時間も必要がないということで即給与UPを狙いたいという人にとっておすすめの方法になります。では具体的にどのような転職先がおすすめなのかということを解説します。
まず、都市部の私立大病院などは給与UPが期待できる転職先です。学校法人としての収入があったり経営に余裕がある病院が多いのが私立大病院です。さらに都市部の方が給与水準が高い傾向があるため、給与UPに大きく期待できます。
次に手当が多い勤務先もおすすめの転職先となります。看護師は様々な手当があることによって他の仕事よりも平均年収が高くなっています。そのため基本給はそこまで変わらないという特徴から、手当を多くもらえる病院の方が給与UPに大きく貢献してくれます。この手当の多くもらえる仕事が訪問看護になります。訪問看護では時間外手当やオンコール手当といった手当が充実しているため、日勤のみといった働き方になっても給与水準の高い職種となります。

page_top