年収1,000万円を稼ぎたいなら

年収1,000万円を稼ぎたいなら
LINEで送る

副院長までキャリアアップ

副院長というと医師が勤めるというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、最近は看護部長が副院長を兼任している病院が増えています。看護部長の役職だけでは年収1000万円に到達することは難しいですが、副院長になれば看護師でも年収1000万円は難しくありません。
日本看護協会の賃金調査では副院長の役職に就いている看護師の平均基本給は65万円となっています。ボーナスが1.5ヶ月分を年に2回の単純計算をすると、年収は982万円となります。これは基本給とボーナスだけの年収計算ですので、加わることが予想される役職手当や残業手当などを含めると十分年収1000万円に到達します。また副院長を勤める看護師の10人に1人の割合で基本給が100万円を超えています。

美容外科クリニック

美容外科クリニックは自由診療のクリニックであるため、一般的なクリニックよりも給料が高くなります。さらに美容外科クリニックでは来訪者は患者さんではなく、お客さんという立ち位置になります。そのためお客さんに対して営業をかけて業績を上げることで年収1000万円を狙うことは十分可能です。接遇スキルが高くて営業が得意であれば年収1000万円を狙って美容外科クリニックで勤めることに向いていると言えます。

臨床開発モニター

臨床開発モニターは最初の年収こそ高くはありませんが、スキルアップして経験を積んでいくと年収1000万円に到達することは十分可能です。臨床開発モニターは製薬会社や製薬会社から委託される外部機関に勤めることになりますので、病院で患者さんを対応する働き方ではありません。新薬を開発した製薬会社側から治験のサポートをする業務となります。
臨床開発モニターは仕事を覚えて経験を積んでいくと、そのスキルを評価してくれる会社が多くなります。そしてそのスキルは市場価値がとても高いため、年収1000万円を出してそのスキルを欲しがる会社は少なくありません。実際に40代から50代で年収1000万円を超えている人がいます。

訪問看護ステーションの経営者

訪問看護ステーションを自ら開設して経営者となることで年収1000万円は夢ではありません。訪問看護ステーションを開業するためには特別必要な資格はなく、経営を軌道に乗せて事業を拡大させていけば自分の経営能力次第では年収に上限はないとも言えます。訪問看護ステーションは会社を設立して、訪問看護ステーション開業の指定取得を受けることで開業することができます。ただし経営者ですので倒産のリスクが常にあるということは理解しましょう。

page_top