平均よりも高めの給与を求めるなら

平均よりも高めの給与を求めるなら
LINEで送る

急性期病院で勤務

平均よりも高い給与を求めるのであれば職場選びは非常に重要ですが、急性期病院で働けば看護師の給料は平均に数十万円から数百万円を上乗せした金額になると言われています。もちろんどこの急性期病院で勤務するかによっても差が出ますので一概には言えませんが、それでも病院で働く看護師よりも平均年収は高くなります。
ではなぜ急性期病院で働く看護師の給与が高くなるのかという理由についてですが、まず1つ目に急性期病院は忙しいため残業や夜勤回数が多くなるので手当がつくということが挙げられます。そして2つ目は、急性期病院は規模の大きい病院が多いためです。厚生労働省の調査によると病院の規模が大きければ大きいほど給与が上がる傾向にあるので、急性期病院は総じて給料が高いということが言えます。

規模の大きいところで

給与UPを求めて急性期病院で働くことを考えるならば、規模の大きい病院を選ぶことが大切です。病院の規模の大きさに比例して給与が高くなっていく傾向があるので、急性期病院の中でも規模の大きい病院を探すことが大切です。
また大きな病院では福利厚生が手厚いという特徴もありますので、基本給以外の部分で大きく給料に上乗せされることもあります。住宅手当を50%出してくれるなどの条件があれば、家賃80000円の場所に住んでいるケースでは実質40000円を給料に上乗せして計算することができます。またボーナスの支給実績が良いという傾向もあり、月収ベースではそこまで変わらなくても年収ベースでは大きな差が出てくることもあります。

都会の病院を意識

看護師は地域別で年収が大きく変わる業界ですので、なるべく都市圏にある都会の急性期病院で働くことが給与UPにつながります。関東や関西地方では給料が高いので、東京や大阪の都会にある病院に勤めると給与UPに大きく期待できます。しかし都会は物価や地価が高いということもあり、生活費が高くなるということは注意しておきましょう。
そして都会にある急性期病院では特に忙しいということから、夜勤回数が多くなります。結果として他の急性期病院に比べると手当がつく回数が増えますので給与UPにつながります。救命病棟やICUに配属されれば特に夜勤の回数は多くなりますので、夜勤を多くこなしたいと考えている人は救命病棟やICUがおすすめです。ただし夜勤に入る回数が多いということで体力的にもつらいことは間違いありません。夜勤になるべく入らずに給料UPを考えている人にはあまりおすすめできません。

page_top